寺to寺の里山登山を楽しめる行道山/栃木県(21年1月)

登山レポート
PR

山の状況は常に変化します。くわしくはこのウェブサイトについて

さて、今回はなんと元旦登山です。
といっても、単に正月休みに北関東に登りに来て、ちょうどいいところにあった、という理由で登った「行道山(ぎょうどうさん)」。
「浄因寺」から「最勝寺」まで、山を越えて歩くというコースで、たいへん趣があったのでレポートします。

ふじはらレート
好き度      ★★★★☆・・・文化に思いをはせながら歩ける
案内板の有無   ★★★★☆・・・道は明瞭
静かさ      ★★★★☆・・・比較的静か
眺望       ★★★★☆・・・眺望ポイントあり
駐車場      ★★★★☆・・・広めの公営駐車場
PR

今回歩いたルートはこちら

(右下の「山行記録のページへ」のリンクをクリックするとヤマレコへ移動します)

登り始めの標高 269m / 最高地点の標高 441m
訪れた時期 2021年1月上旬
当日のコースタイム(寄り道したりすることもあるので参考程度に。)
足利県立自然公園駐車場10:50 – 11:01浄因寺 – 11:14寝釈迦11:24 – 11:39行道山11:49 – 12:06大岩山 – 12:21大岩毘沙門天12:43 – 12:48大岩山西公園13:05 – 13:44足利県立自然公園駐車場
歩行時間 約 1時間 50分
歩行距離 約 4.4km

行道山はどんな山?

行道山は栃木県足利市にある標高441.6mの低山で、
山の片側は奈良時代に行基さんが開いた「浄因寺」、もう片方は関東最古で、日本三毘沙門天の「最勝寺」という、一度で二度おいしい(?)寺巡りの里山登山が楽しめます。

どちらから登っても駐車場があり、今回はどちらも通るので、行くときの参考にしてください。

アクセス

今回紹介するコースは、栃木県足利市の「足利県立自然公園駐車場」からスタート。ここまでは北関東自動車道 足利ICから約5キロです。

公共交通機関は、足利市観光協会のウェブサイトによると、①JR足利駅から足利市生活路線バス行道線約25分「行道山」下車徒歩約30分、又はタクシーで約20分だそうです。

バスの時刻表はこちら→足利市生活路線バス行道線時刻表(令和元年10月1日改正)

山のレポート

今回は「足利県立自然公園駐車場」からスタート。
元旦だし、寺だし、もしかしたら、参拝客で混んでるかもな~。という予想をよそに、駐車場はガラガラ。
岩がちでひんやりする雰囲気と相まって、とても静か。

↑ちなみに駐車場にはトイレがないので、来る途中にある公衆トイレの使用を強く推奨します。

駐車場の脇に、モノレールのレールがしいてありましたが、こちらのブログによると、2017年頃から崩落のため、運休ということ。
ここから先の石段がめーっちゃきついので(笑)、ぜひとも乗ってみたかった。。。

駐車場脇の看板です。超・要約すると、今回歩くコースは「関東ふれあいの道」に属しており、さらに浄因寺は奈良時代の僧・行基さんによる開祖だそうです。

駐車場から10分強、階段を上ります。

途中東屋などを通ったりしつつ・・・

行道山浄因寺を通過。

お寺はとてもさっぱりした建物で、手前には立派な鐘がありました。

山肌には多くの仏様やお地蔵様がいます。

さて、ここからは「石尊山見晴台(せきそんさんみはらしだい)」に向かって歩いていきます。これまた階段が結構きつい。。。

階段が多く、ちょっと息が切れますが、かなり古そうで、とても趣があります。

グーグルマップやヤマレコなどの記録によると、ここは「寝釈迦様」が有名な模様。ちょっと立ち寄ってみます。

看板に沿って進んでいくと、岩の一番高いところに寝釈迦さまはいました。めっちゃいいところにいる。ちなみに、このまわりにも数十体の仏像さんがいます。すごー

寝釈迦さまの少し下にはベンチとテーブルがあり、とても眺望が良いです。「足利百名山」て、足利にそんなに山があるのか?と思いましたが、たしかにたくさんありそうです。。笑

さて、寝釈迦さまから少し進んでいくと・・

「石尊山見晴台」に到着。てっきり、「石尊山(せきそんさん)」に到着かと思いきや、「石尊山」を見るためのスポット、ということらしい。ちなみに石尊山も低い山なので、山座同定が難しかった。ではここはどこかというと・・・

山頂に到着!

栃木百名山の「行道山」山頂でした。看板の左後ろの大きな山塊は「赤城山」です。

駐車場の車より人が多いので、皆さんは、「毘沙門天」の方から来たのかな。

方位盤
東屋
石の祠

さてここからは「大岩毘沙門天」に向かって歩いていきます。

しばらく尾根道を進みます。この日は西風が強かったですが、冬なので眺望もすばらしい。。

毘沙門天までの道のりも、階段が多いものの、しっかり整えられていて歩きやすいです。道の東側は、ヒノキ林。

途中、「大岩山(おおいわさん)」の山頂を通過しました。こちらは「足利百名山」だそうです。

大岩山山頂は眺望はあまりありませんが、ベンチとテーブルがあります。休憩にはいいかも。

大岩山から5分ほど下ると、照葉樹林帯になってきました。ちょいと暗いですが、相変わらず道は歩きやすく整備されています。そしてなにやら、斜面の下方、南側からお香の香りが漂ってきます。。。寺は近し。

大岩山から10分ほどで、車道に出ました。

「関東ふれあいの道」はこのまままっすぐに進んで山道にまた入りますが、わたしは毘沙門天に立ち寄るため、車道を下っていきます。

車道を分下ると、「大岩山 西公園駐車場」があります。

「西公園駐車場」には、汲み取り式のトイレと、

展望台が設置されていて、休憩が出来ます。ここの眺望は本当に最高で、

富士山も見えました。暖かく居心地が良かったので、休憩させてもらいます。

さて、しっかり休憩したところで、毘沙門天に向かいます。車道を下っても行けますが、駐車場の手前に近道があったので、こちらから。

関東最古の毘沙門天・最勝寺に到着。

最勝寺のいわれです。「悪口祭り」は現在も行われているようで、昨日(2020年12月31日)の祭りの結果が貼りだしてありました。(今回の優勝者は8歳の女の子でした笑)どんな悪口を言ったのか、地味に気になりますね。。。

門には金剛力士像
こちらも門に居る「撫で仏」さん。
手水舎?はお花でいっぱい。

いま気づきましたが、肝心の毘沙門天さんを見ないで来てしまった。。。。。最勝寺公式HPによると、正月三が日はご開帳、とのこと。ああ、ますます悔やまれる、、、

本殿の奥にもトイレがひとつ(汲み取り式)あります。それと、こちらも本殿脇の、天然記念物の巨木のスギの木も立派なので、必見です。(毘沙門天を見なかった私が言うのもなんですが・・・)

ほかにも、最勝寺には文化財が数多くあるそうなので、訪問する際にはぜひ注目してみて下さい。

さて、お参りを済ませたところで、また山道まで戻っていきます。

さきほどの登山口まで戻ってきました。

ここからは「巻き道」を通って浄因寺の方向へ戻ります。30分で帰れるなんてすごいなあ~~

巻き道(トラバース道)なので、少し道が細いですが、問題なく歩けます。13時過ぎですが、人工林の中は結構薄暗いです。

途中から落葉樹林帯になると、明るく、木の隙間から眺望も見えます。ちなみに巻き道なので、ピークを通らず、あまり起伏がありません。

山道に入ってから25分ほど歩くと、東屋がありました。簡易的なテーブルとイスも。

浄因寺の看板の方向へ、進んでいくと・・・

朝見たレールの脇に出ました。東屋から5分ほど。

看板によると、東屋付近?は春にヤマツツジや山桜が咲くそうです。見たいな。

ここからは朝登ってきた階段を下れば5分ほどで駐車場です。おつかれさまでした。

このルートが紹介されている書籍

「分県登山ガイド 08 栃木県の山」にて、今回歩いた箇所を含むコースが紹介されています。併せてご覧ください~。
こちらは数年ごとに改定版が出されているので、ある程度最新に近い情報が掲載されています。他にも渋い地元の山がたくさん紹介されているので、関東在住の方にはおすすめ。

文中に登場したウェブサイトなど。

行道山浄因寺 足利市の情報をお届けする公式観光サイト「足たび 学び舎のまち足利」。足利市の観光、イベント、お買い物、宿泊、アクセス情報などをお届けいたします。
www.ashikaga-kankou.jp
今回訪問した「毘沙門天」の公式HPで、とても詳しく情報が載っています。とても良いところでした。
www.oiwasan.or.jp
文中に登場したブログ様です。
petomorrow.jp
ふじはらレートについて
このレートはふじはらが登った際の条件下(年、時期、天気、服装、アクセス方法等)に主観的に下した評価となります。たとえば、記事作成後に公営駐車場が整備されたとしても、記載がなければレートには反映されておりません。
あくまでも個人の感想とし、参考適度にお考えください。ちなみに、ふじはらが山行に行くのは自家用車が多めです。

ふじはら

2012年、大人になってから初めての登山として行った八ヶ岳(山梨県)で自然のすばらしさに感銘を受ける。 2016年-2019年の4年間を茨城県城里町で過ごし「しろさと里山めぐり」という地域発掘ハイキングイベントのスタートに携わる。森林インストラクター・登山ガイドⅠ資格を取得。

ふじはらをフォローする
登山レポート
PR
ふじはらをフォローする
PR
ふじはら里山案内所
タイトルとURLをコピーしました