登山用の帽子がゆるくて困ったので、ゴムを付けてみた

お役立ち
PR

新しい登山用の帽子を買いました。
大変かわいいのですが、少し緩くて、登山の時に困りそうなので、風で飛びづらいように工夫してみました。

PR

登山用に買ったハット帽子がゆるい。

帽子を買いました。
登山用のものです。
MとLサイズ展開で、Mサイズを購入。
ちょっとゆるいなと思いましたが、デザインがかわいいし、顎紐があるからどうにかなるか、とそのまま購入。
しかし家に帰ってみると、やはりゆるいので、どうにかしないと、山では飛んでいってしまいます。
(風の強い山では、顎紐だけではどうにもならないのです・・・)

どうにかしたいけど、わざわざ手芸やさんに行くのも面倒。
ということで、家でゆるい帽子を処理する方法を検索しました。

ネットに載っていた方法を試してみる。

こちらのウェブサイトのやり方が、楽そうです。

ということで、こちらの方法を試してみることに。

まずはゴムで輪っかを作り、頭のサイズ+1センチで裁断。

これを、帽子内側のスベリと呼ばれる部分に縫い付ければOK!・・・のはずでしたが・・・

この帽子、通気性を良くするために、一部がメッシュになっていて、白いゴムを縫い付けたら、外から丸見えです(;O;)

どうしよう。

ネットと同じ方法ではゴムが悪目立ちすることが判明。ちょっと工夫することにした。

仕方がないので、やり方を変更することに。

細いゴムを用意。(というか家にあった)
ゴムを伸ばした状態で、頭の周りを一周ではなく、2か所のみに縫い付けることにしました。

目立たないように、黒い糸を使用して・・・

こんな感じで、ゴムを伸ばした状態で、縫い付けます。

ゴムを伸ばした状態で、2か所だけ、縫い付けました。

完成!!!見事、外からは見えません。

果たして、サイズは小さくなっているんでしょうか・・・?

良い感じに完成しました!

加工後にかぶってみたところ、ちょうどいい感じにゴムに締め付けられて、少しの風なら顎紐なしでも飛ばなそうです。やった~~~

100円ショップのグッズで調整する方法

こちらのサイトでは、100円ショップで販売している商品で帽子のサイズを調整する方法を紹介しています。

便利で簡単そうですが、わたしは登山で使う帽子はしょっちゅう洗濯するので、縫い付けない方法はちょっと不安がある気がします。

こちらのサイトは、大胆にも、マジックテープを使用する方法を紹介しています。

マジックテープが髪の毛に絡んで、固定されるのでしょうか。
こちらも、シールで貼り付ける方法を紹介していますが、洗濯する可能性のある帽子であれば、縫い付けるのが安心かもしれませんね。

専用の商品も販売されています


こちらの商品は、やはり帽子のスベリと呼ばれる部分に貼り付けるタイプのもので、帽子専用です。「洗濯の時ははがしてください」という注意書きがあります。

おわりに

風の強い山では、かんたんに帽子は飛んで行ってしまいます。そんな経験もあり、どうにか家にあるもので、ピッタリサイズに工夫したい!と思い立ち、やってみました。

このほかにも、オシャレに、効率的に、ゆるい帽子のサイズを変更できる方法があるかもしれません。もしくは、知っている方がいたらぜひ教えてくださいね(^-^)/

関連リンク

ふじはら

2012年、大人になってから初めての登山として行った八ヶ岳(山梨県)で自然のすばらしさに感銘を受ける。 2016年-2019年の4年間を茨城県城里町で過ごし「しろさと里山めぐり」という地域発掘ハイキングイベントのスタートに携わる。森林インストラクター・登山ガイドⅠ資格を取得。

ふじはらをフォローする
お役立ち
PR
ふじはらをフォローする
PR
ふじはら里山案内所
タイトルとURLをコピーしました