Air pods proを洗濯して水没させたけど『水とりぞうさん』で復活できた話/音質の変化など

お役立ち
PR

こんにちは。ふじはらです。
先日、ジョギングに行った際に使っていたアップル製のブルートゥースイヤホン「Air pods pro」をパンツのポケットに入れたまま洗濯してしまいました。

しかも、夜に洗濯機に入れ、一晩つけおきまでしてしまいました・・涙
買ったばかりの高級品が・・・!と絶望しましたが、なんとか無事に復活して3週間経った現在も問題なく使えているので、メモ代わりに書いておきます。

PR

Airpods proの水没の経緯

①夜、ジョギングに行く→
②帰宅後、パンツのポケットにAirpodsの左右のイヤホンを入れたまま、洗濯機で一晩漬けおき(洗剤入り)する→
③翌日、洗濯中に気づいて取り出す→
④「airpodsって防水だっけ・・?」と試しに「電源を入れる」という一番やっちゃいけないらしい行為を行う→
⑤「ピー→↓」という、聞いたことのないエアーポッズ終了のお知らせを聞く

Airpods proの防水性能

エアーポッズの防水性能はIPX4です。

これは「生活防水」レベル(運動中の汗に耐えるレベル)であり、水の中でも使えますよ!というものではありません。
くわしくはこちらに記載があります。


つまり、洗濯機での洗濯などは、製品の性能上は完全にNGです。
(でも今回復活できたのは、少なからず、この「耐水」性能のおかげもあるんだろうなあと思います)

Airpods proが水没から復活した方法

まずは解決方法をインターネットでぐぐりました。

米や、シリカゲルと一緒に袋に入れておく方法が出てきましたが、米はなんだか吸湿性能に疑問があるし、新品のシリカゲルはないし、使用済みのシリカゲルはやはり性能に疑問があります。
そこで、引き出しに使っていた「水とりぞうさん」の存在を思い出しました。

水とりぞうさんは大変優秀で、よく湿気を吸ってくれるので、これならばと思い、未使用のものを、ジッパーの付いたビニールにエアーポッズと一緒に入れました。

ちなみに、押し入れ等に使える箱型の「水とりぞうさん」でも、未使用であれば同じように使えるのではないかと思います。

Air pods proと水とりぞうさんを放置した日数

Air pods proと未使用の水とりぞうさんをジップ付きビニールに入れて、3日ほど放置しました。(6月6日朝に水没し、上記の対策をして、6月9日夜に袋から取り出しました)

水とりぞうさんは白い面から湿気を吸収するので、白い面に接地させるようにしました。

Airpods pro 水没からの復活後

3日後、おそるおそるビニール袋を開けて、電源を入れてみる(耳に付けてみる)と、「ピロリ」といういつもの起動音が聞こえてきました。

そのあと、少し充電して音楽を聴いてみましたが、以前とまったく変わりなく使えました。
そして三週間経った現在も、そのまま使っています。

水没後の音の左右差、水没による音質の変化など

音の左右差や、以前と比べて音が小さい、などの音質の変化は特に感じていません。

Airpods proを修理に出す場合

Apple care+(アップルケアプラス:製品保証サービス)に入っている場合は3,400円、保証に入っていない場合は片方9,800円で修理してくれるようです。

わたしは、アップルケア+には入っていないので、水とりぞうさんで復活しなければ、約2万で修理をしてもらおうと考えていました。(ちなみに新品を買うと30,580円)

修理代金についてはこちらの公式HPをご覧ください。

注意事項

水没は、残念ながら自己責任です。
今回紹介した方法は、「ダメだった場合、アップルで修理をする」ことを前提に試したら運よく?成功したというものであり、絶対に成功する・復活すると保証するものではありません。
また、今回はケースは水没しなかったため、ケースに関しては試しておりません。
方法を試す場合も自己の責任の下、お試しください。

関連リンク

Apple AirPods Proが家電&カメラストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く…
amzn.to
AirPods Pro の耐汗・耐水性能について、また、AirPods Pro が濡れてしまった場合の対処法についてご案内します。
support.apple.com
AirPods の修理が必要なときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダへ。このページでは、修理サービスの方法、料金、所要…
support.apple.com
今回、使用した製品です。
amzn.to
ふじはら

2012年、大人になってから初めての登山として行った八ヶ岳(山梨県)で自然のすばらしさに感銘を受ける。 2016年-2019年の4年間を茨城県城里町で過ごし「しろさと里山めぐり」という地域発掘ハイキングイベントのスタートに携わる。森林インストラクター・登山ガイドⅠ資格を取得。

ふじはらをフォローする
お役立ち
PR
ふじはらをフォローする
PR
ふじはら里山案内所
タイトルとURLをコピーしました